「え、もしかして臭い?」その場しのぎでも良い!今すぐできる口臭対策

「え、もしかして臭い?」その場しのぎでも良い!今すぐできる口臭対策

ふと、

「あれ?私の口臭くない?!」

そう思う瞬間ってありますよね。
鼻から抜けた自分の口臭とか、マスクを再度つける瞬間などに口臭を感じることがあります。

今回はそんな時にできる今すぐできる口臭対策をまとめました!

「その場しのぎでも良いからなんとかしたい!」
「この場をどうにかできる口臭対策が知りたい」

このように、根本的解決にはならなくても今、どうにかしたい!
といったお悩みに適したまとめになりますので、今すぐどうにかしたい口臭対策にお役立てください。

うらら

今すぐできるものだけをチョイスしてまとめているので、「続けたら口臭がなくなります」系のサプリメントは今回除外しています。

もくじ

その場しのぎでも良い!今すぐできる口臭対策

その場しのぎでも良い!今すぐできる口臭対策

今すぐに口臭対策がしたい!と思った時。
ドラッグストアやコンビニに駆け込むことも視野に入れて、今すぐできる口臭対策をまとめました。

今すぐできる口臭対策は以下になります。

  • 歯磨き・うがいをする
  • 水を飲む
  • 唾液分泌を促す
  • ガムやタブレット・飴を試す
  • マウスウォッシュを試す
  • 食べ物や飲み物を利用する

この中から今できるものを選んで試してみてください。
対策ごとにどのようにしたらいいか解説します!

歯磨き・うがいをする

歯磨き・うがいをする

一番良いのは歯磨きです!
口の中の口臭原因を口から出せる行為なので、最も口臭対策できる方法と言えます。

ただし、歯磨きをする場合は丁寧に細かなところもすみずみ磨かないと口臭が残ってしまうことも。
ですので、歯磨きができる時間と場所と道具があって、更に丁寧に磨ける余裕がある場合試してください。

歯磨きする時間がないよ、という場合はうがいをするだけでも良いでしょう。
うがいをする水がない場合は、少し勿体ないですがミネラルウォーターを買ってきてうがいに使いましょう。

うがいは1~2回で良いので、口に含んで数秒ぐちゅぐちゅしたあとに出しましょう。

水を飲む

水を飲む

口の中が臭いのは、口の中が渇いているためです。
なので、歯磨き・うがいもできない場合はとりあえず水を飲みましょう

水は大量に飲むのではなく、少しずつゆっくり飲んでください。
この時、水分が口の中に行き渡るようにしてみましょう。

口臭対策にお茶が良いとして、緑茶を水代わりに飲む場合もありますが、口臭が既に出ていて口が渇き気味の場合はお茶ではなく水を選んでください。

お茶には利尿作用があるものが多いので、余計に体が渇いて口臭に繋がる可能性があります。
今すぐ口臭を何とかしたい場合は水を選びましょう

唾液分泌を促す

唾液分泌を促す

口臭をどうにかするために、唾液分泌を促すのも効果的です。
唾液分泌するためにできることは以下になります。

  • スッパイもの・味を思い浮かべる
  • マッサージする

どういうことか、こちらも分けて解説します。

スッパイもの・味を思い浮かべる

スッパイもの・味を思い浮かべる

スッパイものや味を思い浮かべると、不思議と唾液が分泌されます。
これは脳がスッパイものや味を思い浮かべることでその時を思い出して唾液分泌を促しているからです。

じわ~と唾液が分泌されますので、数度繰り返して口の中の渇きを潤すことで口臭対策になります。

マッサージする

思い浮かべても唾液分泌がされなかったり、今すぐに多く唾液分泌させたいなら唾液分泌を促すマッサージがおすすめです。

どのようにするか、以下を参考にされてください。

耳下腺を刺激する

耳の横部分を、指と手のひらで後ろから前へ円を描くようにまるく回します。

舌下腺を刺激する

両手の親指を揃えて、あごの真下から上の方へグッと押します。

顎下腺を刺激する

下あごにある骨の内側の柔らかな部分に親指をあてます。
そのまま骨に沿って5か所ほどを手前から順番に1~2秒ずつ押します。

ガムやタブレット・飴を試す

ガムやタブレット・飴を試す

歯磨きやうがい、水を飲んだり唾液分泌を促してもなんだか心配……。
という場合は、ガムやタブレット・飴を試すと良いでしょう。

ただしこれらは今すぐできる口臭対策ではありますが、まさしくその場しのぎでもありますし、場合によっては口臭を悪化する原因にもなりますので注意が必要です。

口が臭い状態のミント系フリスク・ミンティアは逆効果

口が臭い状態のミント系フリスク・ミンティアは逆効果

「この人タブレットを食べているのにめっちゃ口臭いなあ……」

そう感じた経験はありませんか?
実は口臭とミントの香りが混ざり合うと、強い悪臭に変化する場合があります。

更にミント系は食べすぎると口の中の唾液が一時的に出にくくなるので、唾液分泌が下がることも……。
これでは逆効果になってしまいますから、ミント系を選ぶ時は歯磨きやうがいをした後や、水を飲んだ後が好ましいと言えるでしょう。

砂糖入りの飴は避けたい

飴を選ぶ場合、砂糖入りのものだと虫歯の原因になり今後の口臭原因になりかねません。
そうならないように、砂糖入りのものではなくノンシュガーやキシリトール入りのものを選んでください。

これは個人的な意見ですが、キシリクリスタルなどののど飴がノンシュガーのものが多くて良かったです。

タブレットを選ぶなら口臭対策に開発されたものが安心

もしタブレットを選ぶのであれば、口臭対策用に開発されたタブレットがおすすめです。
口臭対策と書かれているだけではなく、公式による効果調査もされているものだとより安心ですね。

マウスウォッシュを試す

マウスウォッシュを試す

口臭を感じたら、マウスウォッシュを試すのも効果的です。
マウスウォッシュは携帯用のものも売られていますので、そちらを選べばかさばることもありません。

マウスウォッシュとデンタルリンスは違うので注意

マウスウォッシュはマウスウォッシュとデンタルリンスと呼ばれているものがありますが、この2つは用途が違いますので気を付けましょう。

マウスウォッシュは歯磨き後に使用するもの、デンタルリンスは歯磨き粉の代わりになるもの(ブラッシングと併用)なので、口臭対策をしたいのであればマウスウォッシュがおすすめです。

マウスウォッシュはパッケージに洗口液、デンタルリンスは液体歯磨きと書かれているので参考にされてくださいね。

口臭対策に選びたいマウスウォッシュはマスキング力のあるものを

口臭対策にマウスウォッシュを選ぶなら、マスキング力(臭いを隠す力)のあるものを選びましょう。

マスキング力のあるマウスウォッシュを選ぶならミント系またはフルーツ系がおすすめです。
また、低刺激のノンアルコールタイプを選ぶとより良いでしょう。

実はアルコールは唾液を減らして口内乾燥に繋がることがあるのです。
口を乾かさないことが口臭対策の基本ですから、より乾きづらいノンアルコールタイプを選びたいですね。

お口を健康に保てるマウスウォッシュを選ぶことも大切です。

おすすめのマウスウォッシュ

携帯用が売られていてなおかつ、上記の条件をクリアしているマウスウォッシュを紹介します。

どちらもミニタイプがありますので、ドラッグストアなどで探してみると良いでしょう。
普段使いにもおすすめの2品です。

マウスウォッシュの効果的な使い方

マウスウォッシュの効果的な使い方

マウスウォッシュを口に含んですぐに出してしまうと、十分な口臭対策にはなりません。
マウスウォッシュの力をしっかり得たいのであれば、30秒以上口に含んでから吐き出しましょう。

ただしマウスウォッシュは歯磨きの代わりにはなりません。
マウスウォッシュしたから歯磨きしなくていいや!とはならないので気を付けましょう。

しっかり口臭対策したい時は歯磨きとセットにすることをおすすめします。

うらら

マウスウォッシュは歯磨きの代わりになるって思ってた時期があったけど、実際全然歯磨きの代わりにはならないんだよなあ……やっぱり一番は歯磨き!

食べ物や飲み物を利用する

食べ物や飲み物を利用する

場合によっては食べ物や飲み物の力を借りるのも良いでしょう。
例えばニンニクやネギ類には臭い成分アリシンに対抗できるリンゴジュース(ストレート)がおすすめです。

また、チョコ―レートに含まれているポリフェノールもニンニクの香りを抑える効果がありますので、併せて利用してみるのも◎

牛乳もニンニクの香りなどを消してくれますが、また別の口臭が発生するのでやめたほうが良いでしょう。

口の中が渇いている場合は、実際にスッパイものを食べて唾液分泌を促すのもアリです。
その際は、梅干しやレモンなど明らかにすっぱいものを食べてみて下さい。

口の中が渇いている場合は、実際にスッパイものを食べて唾液分泌を促すのもアリです。
その際は、梅干しやレモンなど明らかにすっぱいものを食べてみて下さい。

梅干しやレモンをそのまま食べるのは難しいので、梅干しやレモン味のお菓子などを利用するのも手です。

まとめ

今すぐできる口臭対策をまとめました。
根本的な解決になりませんが、今すぐに口臭対策をしたい時にお役立てください。

この中で最もおすすめなのは歯磨きですが、歯磨きをすぐにできる状況の方が少ないので、水を飲む・タブレットや飴などを利用するなど状況に合わせた口臭対策を試してみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コンプレックスが多めゆえに色々試しています。サイトも「コンプレックスの克服」を目標にして始めました!ありのままの自分を好きになれたら素敵だけど、だからって理想を捨てるのは違うかなって。頑張ります!

もくじ